人気ブログランキング |
ブログトップ

NEWS & EVENT

a9records.exblog.jp

消息

中学校の時に、兄貴の友達の真似事でギターを
弾いていた。

高校にはもうテクノで、ベース、ウワモノ、飛び道具を理解していた。

毎日、50枚デッサンして、音楽は3曲。

遅刻して行くと、高校の教師が「俺もバンドやってた。だからって前田みたいに遅刻するのは違う!」

階段の途中で、iPod大音量で聴いて下さい。
まる聞こえ。

学校に不信感が増す。みんな絵が描けたり、
音楽ができると、ヤク中と云う。

友達も信用できない。誰も信用ならない。

みんなの雑談が分裂して聴こえる。

現在、僕みたいな人間のヴァーチャル体験ができる、
ソフトが開発中なので、一度でも体験を。

さらに、学校で身に入るものが無い。
自分が「過剰に多感」だとは気づかなかった。

家で、ラジオを聴きながら、CDを聴き、読書していた。
その間に絵を描き、文章を書き、曲を描く。

スキゾフレニアの世界である。

あるヤツが、ハッパ持ってくる。
いつものテクノや、ロックが…いつもどおり。

ヤバいとのたうち回るこいつに何かあるのか?
そいつは付き合う女を、ハッパスワシテは、
モテる自慢をするが、よくわからない。

こいつに特殊な才能あるんか?
と思ったが、何も魅力が無い。

自分の最後のハッパと思い、アルバムを作り、
入念に聴いた。さして面白く無い。
フワーッとはする。

DJの友達もみんな、ヤバい!と云う。
イギリスにライブ来いとメールが来る。

僕は、音楽ユーザーとしては、
長けて無いのかもしれない。

犬の遠吠えで、夜中起き、
干からびた川上で、老いた野良犬と、じゃれあったり、
そんなことしか出来ない。

ともかく。


TEXT KAZ.


by a9records | 2018-07-07 00:54 | KAZ. | Comments(0)
<< ラジオとCD モンドくんラクガキファン倶楽部10回 >>