人気ブログランキング |
ブログトップ

NEWS & EVENT

a9records.exblog.jp

文学系

文学は、ルイスキャロルを、原文で読んだか読んでないかで、
作家になったり、ならなかったりする。

不思議の国のアリスや、鏡の国のアリス以降の作家の言語感覚が変わり出しているのがお分かりだろうか。

私は当時、小学生で読んだものだから、てをにはが、あべこべになったり、
変人扱いされ、ひたすらマトモになろうと、本を読んだ。

九鬼周造とか、大江健三郎とか、自己言及のパラドックスとか、もはやギャグなので、
江戸川乱歩も、エドガー・ア・ランポも、アガサクリスティも、夢野久作もドイツ幻想文学集も、

中学生のフリーペーパーで出していたので、一度、完結している。

その時、羅針盤のらごが出た。椎名林檎とか。

アメ村でノイズレコード、アンダーグラウンド、同級生用と話し合わせる様のユニコーン、エイフェックスツイン等

マックを買ってもらって、スタジオのオーナーが、やってるいい加減な、どーでもいいけど、笑える世界中のレコーディング音。

夏はマンガを模写しながら、寝るまで絵や音楽を作る。毎日不眠症。

梅雨は読書、そんな中学高校で1000冊は読んだ。

あ、春を言ってないか。


春は、なんかわからんけど、デビューしてやる!って、知らない音楽、デザイン本、文庫を買い込んだ。

急に、こんな事を書いてるのは、近寄ってくる女性が、だいたい、若くて強気で、知識も読書量もある!
って言い切るのに、ルイスキャロル、原文を解説してるだけで、2人の女の子が、ドン引き。

フラれて、もう、誰も相手にしてくれないのかなぁ。。。


また虚しい曲調になってしまう。という話をインド哲学で説明しようと思いますが、どっかのテキストに混ぜときました。


TEXT KAZ.






by a9records | 2020-04-11 01:19 | KAZ. | Comments(0)
<< 電話をくれたら。 今日か >>