ブログトップ

NEWS & EVENT

a9records.exblog.jp

カテゴリ:amellie( 1 )

My youth and music

高校一年のわたしが毎日のように通った友だちの家は国道沿いに建っていて、
バスが通るたびに家が震えるような小さな雑貨屋さんだった。
その家の細い階段をトントントンと駆け上がる。
ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランの曲が鳴り響く部屋。
床の抜けそうな埃っぽい畳の上にはギターもドラムも置いてあった。
わたしはみんなとは少し違ってブレンダ・リーのハスキーな歌声が好きだった。
お金もない高校生の私たちはレコード盤がすり切れるまで何度も何度も同じLPを聴いていた。
うるさい音の洪水。
その中で寝転んでバール・バックの大地を夢中で読んだ。
ゆるやかな時間が過ぎ、日が暮れればそれぞれの家に帰って行った。
音楽との出会いはちょい悪の友人たちとの出会い。タバコもこっそりふかした。
あの頃の曲を聴くと今でもあの小さな部屋の中のみんなの顔を思いだす。
ちょい悪だったけど心優しいみんなどうしてるかな~

a0125753_14233309.jpeg


a0125753_21492057.jpeg


TEXT amelie

[PR]
by a9records | 2018-02-25 14:22 | amellie | Comments(0)