ブログトップ

NEWS & EVENT

a9records.exblog.jp

カテゴリ:ボギー( 2 )

おでん十七八(姫路)

姫路に縁ができてからはここ数年わりとライブしに行っているが、いつも「てんじく」という中華屋で打ち上げをするので「てんじく」以外の飲み屋を知らない。

その日はライブ会場に早く着きすぎたこともあり時間を持て余していたので、近くのおでん屋へふらりと飛び込んだ。

カウンター12席ほどの清潔な店内、水前寺清子みたいな髪型でびしっときめた和服の女将さんがひとり。奥に座ってるお客さんは洩れ聞こえる会話の内容から察するとたぶんヤクザ。なんとなくシーンとした店内。メニューや値段表は無い。

女将「何飲みましょ」
ボギー「何がありますか?」
女将「何でもあるよ」
ボギー「じゃあ、芋焼酎のお湯わりを」
女将「ない」

めちゃ怖いとこ入ってもうた…。

値段のわからないおでん屋は怖い。いかにも通がいくようなおでん屋で大根ひとつ500円みたいな店がテレビで紹介されてるの見たことある。きっとここは福岡でいつも食べてるオール100円の屋台おでんじゃないだろう。

女将が「何食べましょ」と急かすので、恐る恐るカウンターのおでん鍋を覗きこむ。見たことないような珍しいおでんの具もあるが怖くて頼めないので、無難なのを6個いただいた。大根、こんにゃく、巾着、牛スジ、餃子巻き、がんも。実はおでんの具で「がんも」が一番好きなのだが、それを言うといつもびっくりされる。なぜ?染み込んだおでんの汁がじゅわっと溢れる「がんも」、ウマくない??

お酒は2杯飲んだが妙に緊張するお店なのでまるで酔えない。ドキドキしながらお勘定してもらったら意外と安かった。たぶんおでん一個150円くらい。びびって損した(笑)。

a0125753_22522561.jpeg

TEXT ボギー



[PR]
by a9records | 2018-12-14 22:52 | ボギー | Comments(0)

【 ボギーの呑み屋のはなし 】

「○○いっぱい」(福岡・親不孝通り)


“安くてもマズイ”じゃダメ、“高くてウマイ”は当たり前。“安くてウマイものにこそ文化がある”という言葉を聞いて深く頷いた。




上等なものを食べて舌ではウマイ!と感じても、それに高いお金を出したならば「そりゃあウマイだろうよ、高いんだから」と心の中でやさぐれるのは私が貧乏人だからだろうか?


「え!マジ?こんなウマイのになんでこんな安いのー!?」と言える時だけ心の底から「ウマイ!」と思えるのだ。




そんな理由からここ最近いちばん通ってるのが福岡の親不孝通りにある「○○いっぱい」という変な名前の居酒屋で、ほんとうに毎週行っている。多い日は一日に二回も行っちゃうほどハマってしまっている。




店内は一階はカウンターとテーブル席。二階は落ち着いた座敷の個室席がたくさん。三階は最大50人ほどの宴会場と、なかなか立派な居酒屋なのだが、とにかく安い。




お酒はビールもサワーも焼酎もハイボールもなんでも大体200円。メガジョッキで400円。ソフトドリンクなんかもっと激安だ。




飲み物が安いぶん料理が割高なのかな?と思いきや、ぶりぶりに脂の乗った厚切りのカンパチ刺身が8切れも盛り付けられて350円!ほぼ中トロな赤身トロが400円!もちろん福岡なので名物のゴマサバも新鮮でウマイ!




魚だけじゃない。「勇者の剣」と書かれたメニューをオーダーするとゲンコツくらいの大きさの鶏肉が8つくらい金串に突き刺さった片手では持てないほど超ヘビー級の焼き鳥が出てくる。通常サイズの焼き鳥10〜20本分は軽くあると思うがこれで500円とはバカげた価格設定だ。




メニュー数もめちゃくちゃ多いので、毎週行っても全メニュー制覇は遠い先のことだろう。個人的にいつも必ず注文してしまう超おすすめメニューが「懐かしのナポリタン」だ。居酒屋メニューでありがちなネーミングだし、ほんとに懐かしい味がするのかつい試してみたくなってオーダー。あまり期待せずに安っぽい味のナポリタンを想像しながら一口食べてみる。「ウマ!ほんとに懐かしいし!バリウマ!!」と思わず叫んでしまった。しかも200円というイカれた値段!




安くてウマイが山ほどあるのが福岡の居酒屋文化だが、この店は常軌を逸してるのですぐに潰れてしまわないか心配…。私は飽きるまで毎週のように通うだろう。


a0125753_05430060.jpeg


TEXT ボギー




[PR]
by a9records | 2018-11-17 05:42 | ボギー | Comments(0)